コンサルタント紹介

プロフィール.jpg

​プロフィール

2006年より人材サービス会社でキャリアコンサルタントを経験。

その後、環境ビジネス会社で社内組織づくり、総務、広報などの業務に携わる。

2012年より、岩手県にて、被災地の復興支援業務に従事する。

2015年に東京の人材会社に入社、地方就労を促進する厚生労働省のプロジェクトを統括する。現在は、公共事業を運営する部署にて、3つのプロジェクトチームの統括を行う。

2020年に、小規模企業の業務改善を手掛けるメンバーを集め、「Rebootコミュニティ」を設立、運営。2021年に法人化*し、代表を務める。

*一般社団法人Reboot

​専門

​個人事業主、社員数人の会社、中堅企業、大規模企業と、様々な組織で働いてきました。また、様々なポジションを経験したことで、どの立場の人がどんなことを考えているか、身をもって経験できたことが今に生きています。

現職では、プロジェクトの受託運営を主業としていますので、短期間で、10~50人の組織を運営できるようにする必要があることから、「組織構築の型」の研究を重ねました。

​小規模企業の業務改善を通し、組織改善における外部者の必要性を痛感し、「組織構築の専門家」としての経験を蓄積し、顧客企業へ貢献していきます。

​組織構築コンサルティングの背景と理念

中小企業との接点を持つ中で、商品やサービスそのものよりも、組織の運営がうまくいかずに、力を発揮できていない企業を見て、組織づくりに注目するようになりました。

​自分自身が、組織を運営する立場になって思ったことは、実は組織づくりの方法を学べる場はほとんどなく、自己流でやらざるを得ず、多くの経営者や管理職の方は、このような環境で日々判断に迫られ試行錯誤していたのかということでした。

ちまたに組織論の書籍はあふれていますが、どれも私が求めていた情報とは違う理論が語られていて、今目の前でうまくいっていないチームをどう扱えばよいのか、その回答を得ることはできませんでした。

​幸いにも、その後試行錯誤する中で、「組織コンサルの会」という、中小企業専門の組織づくりを研究・指導する会と出会い、自分が試行錯誤してきたことに理論的裏付けを行うことができ、日本中の組織運営に悩む皆様にもその知見をシェアできればと思った次第です。

世の中にコンサルタントはたくさんいますが、私は、中小企業には、何かの理論を当てはめる形での解決策はうまく機能しないと思っています。個社によって状況は異なると思いますが、組織づくりを行う立場の方が、機能する組織の概要を理解し、組織を再定義し、リーダーを育てることが、遠回りに見えるかもしれませんが、最も効果的であり、唯一の道であると思います。

長期的な取組になると思いますが、本気で機能する組織をつくってきたいとう方に力を尽くしたいと思っています。